肌断食で本来の保湿力を

保湿力のある肌について

肌の保湿の仕組みとは

乾燥肌に悩んでいる女性は、肌に潤いを保つにはどうすればいいのか模索するでしょう。それにはまず、保湿力のある肌というのが、どのような状態なのかを知る必要があります。その保湿力のある肌の状態に、自分の肌の状態を少しでも近づけようとすることで、今よりもハリのあるしっとりとした肌になって行くでしょう。おすすめの保湿ならこちらです。

人間の肌は水に濡れてしまっても、水が内部に染みこんで行くことはありません。その理由は、肌に角質層があるためです。角質層は非常に薄く0.02ミリほどしかありませんが、外部から水分が入り込まないようにする働きと、逆に内部から水分が出ていかないようにする機能を果たしています。つまり、肌の潤いは角質層で守られているのです。

角質層が肌の水分を保持する仕組みとしては、皮脂膜とNMF、細胞間脂質の3つが大きな役割を果たしています。皮脂膜は皮脂と汗が混ざってできているものです。皮脂や汗と聞くと悪いイメージを抱いている人も多いですが、肌から水分が蒸発するのを防ぐ大切な役割を果たしています。ただ、経皮水分蒸発量に対して皮脂の量が多いと、肌が炎症を起こしたりニキビができたりすることがあります。逆に皮脂が少なすぎると、バリア機能が弱まりカサカサした肌になってしまいます。

NMFは角質細胞の中にあり、水分を捕まえる性質を持っています。角質層から出ていこうとする水分はNMFに吸着されてどんどん蓄えられて行くのです。蓄えられた水分は角質層へ供給し、肌の弾力を保つのに役立っています。

細胞間脂質は角質細胞を角質細胞間脂質が結びつけるような形になっていて、レンガをセメントが結びつける様子によく似ています。水分層と脂質層が何重にも交互に重なっており、ラメラ構造と呼ばれているのです。水分が蒸発して外部へ出ていくのを防ぐだけでなく、外部の刺激から肌を守る役割も果たしています。

こういった肌を保湿する機能は、加齢などが原因で次第に衰えて行き、十分に機能しなくなってしまうことが多いです。そうなると、肌が乾燥しやすくなってしまいます。